夫婦の努力のために不当に感じることはありません

夫婦は勇敢にも積極的にも母親であることを選択します

精神的な旅は、信念の違いを乗り越えることができますが、それを尊重します。信じている宗教は異なっていますが、もう一つの事実があります。貴重な結婚だけを避けることはできません。夫と妻が生活の基本的な側面でコンセンサスに達するほど、より豊かでより意味のある結婚が可能になり、一定の意味でより簡単になります。もちろん、誰もが同じレ妻の視点を持つように強制することはありませんが、お互いのアイデアを受け入れることができれば、当然これらの問題に同意するでしょう。信念について公然と話す。より率直で敬意を払うほど、意識はよりよく混じり合います。指輪と指輪がワークショップに参加した後、夫婦はこの章で後述する問題について話し合って、共通の生活の精神について話し合った。彼の曾祖父はまだ曾祖母を忠実に愛していました。帰国後、ヘレンは古いアルバムを取り出し、アイルランドから米国に移住した曾祖父のケビンの写真を指摘した。明らかにこの話は何度も聞いたことがある。米国に来る前に、彼女は曾祖母を連れて行きたいと思っていました。

指輪は常に自分の感情がすべて消えていくように
指輪は常に自分の感情がすべて消えていくように
結婚市場の人気は
結婚市場の人気は


夫婦があなたを誇りに思っていることをあなたに示しましたか

婚活にする6つの秘密の要素この期間中、忠誠は結婚と家族生活の大きな柱です。ここで彼の曾祖父は彼の祖母に結婚しました。次の4年間で、彼の曾祖父はお金を貯蓄していましたが、ケビンにはそれほど直接的に表明されたことはありませんでした。ケビンは、自分の家族、特に彼の祖母の話を思い出しました。彼の祖母は、かつて、大恐慌時には、常に貧しい隣人に無料の食べ物を与えていたので、破産寸前だったカンザスの田舎に小さな食料品店を運営していました。彼はヘレンに言いましたが、お父さんは実際に、これは実際にはある程度は彼が非常に誇りに思っていることを伝えることだと言いました。ケビンは、彼が育った後、彼がこの伝統を継承したことをヘレンに話しました。例えば、彼は毎年たくさんの慈善寄付をしています。町の住民は、貧しい家庭に一定量の商品を予約していたことを知っていました。

しかし両当事者はお互いを尊重することができる貴重な結婚は

家族や地域社会では夫婦は毎週月曜日の夜、店が閉鎖されたとき、家族は自由に食べ物を受け取ることができました。私のお父さんはいつも、私たちのモナハン族は長い間寛大で愚かな傾向があると言いました。お互いの話をお互いに伝え続け、これらの子供たちに話をしています。夫婦の物語、同時に、ケビンにとって非常に重要なモナハン族の物語と価値は、自分の人生に組み込まれています。ケビンの物語については、ケビンも繰り返されます。それはまた夫婦が作り出した新しい家族の物語となった。私が言ったように、見つけたより一般的な意味で、より強く、また、夫と妻の間の友情を高めることができます、私は言ったように、より強いヘレンは関係を受け入れる、より深いです。婚活したいと思ってなかったんでしょうね進歩を遂げるためには、下級者の喜びを放棄し、理解することを学び、ベンチに座らないようにしなければなりません。これは非常に難しく、自制が必要です。感情はどれくらい良いと思いますか?誰かが本当に気持ちを理解したいと思っていて、個人的な視点から人生がどのようなものか知りたいと思っています。そして、彼は飛び乗ってあなたを批判しません。これは世界で最高の感情の1つです。それはいつも流行している真の愛ですが、この章ではロゴを達成するのは難しいです。共感が心に根付く限り、それは手の届くところにある道具になります。私たちはあなたに共感を使用する方法をいくつか共有しますが、他人を理解するために使います。お互いに婚活をとるための簡単な質問がいくつかあります。ある意味では、共感の使用は、視点を変え、自分の絶対的な正確さを主張しなくなり、もはやいわゆる安全意識を主張することを必要としないという意味で、知識を求めるアイデアを最初に開かなければなりません。

結婚式も例外ではありません

ハーフは何も知りませんでしたが、彼を知りたがっていました。●親密さへの障壁を取り除く。第8章絶え間のエスカレーションに対抗する10の方法愚かな闘争はしばしば痛みの根本原因の1つです。前章では、共感と相互理解が闘いを軽減する主な方法であると述べました。二人がお互いを知るほど、闘争中の隠された現実が結婚にあり、悪いやりとりの攻撃や防御、質問、防衛、再攻撃を避けることが容易になることが分かります。覚えておいて、結婚が気を散らされている場合、両方に注意を払わなければ、プロポーズを止められません。どのカップルが注意を払うべきかは、明らかではあるが、しばしば忘れられた原則である。共感し、お互いを理解し、プロポーズを止める。プロポーズを止める最初のステップは、愛するものに定期的に焦点を合わせます。


結婚時間の経過と共に

他の半分と調整できない場合は、これは明らかですが、常に無視されるため、言及する価値があります。私が場合、プロポーズをする可能性が非常に高いです。ようこそ、他の半分が何を経験しているかわからない場合は、家に帰って、悪い感じ、そして私の恋人が今日何をしたのか分からない場合、彼女は愛さないと、私は非常に不満を感じるかもしれません私は彼女に非常に涼しいだろう。次に、喧嘩が始まった。気晴らしは、自分自身の欲求不満と気分が深く閉じ込められているため、共感の大きな障害となります。気分が悪ければ、他の人の感情に気付かないでください。それは闘争につながるでしょう。もちろん、他人と調和する方法はありません。これが、多くの喧嘩が愚かな小さなものから始まる理由です。人々は議論を開始し、気晴らしが共感を邪魔した。さらに、ケース1は失われた。プロポーズの時に