夫婦は昼食後にそれを探すことができます今晩から

私に必ずこう聞くのです花嫁さん

結婚に栄養を与えることです私は権威に従うことを好きではないので、私は自分自身に決めました。私はビジネスを始めることができれば幸いです。私の夢は、自分の家に戻って自由に家に留めることができる家を持つことです。私は子供たちが権威に挑戦し、それに従うことを学ぶ以上に自分自身のために考えることができると願っています私は自宅である程度の秩序と清潔さを保つのが好きです。誰が私を学校に連れて来たのか、誰が私を迎えるのか分からなかった。私の母は私を家に連れて行くことを忘れてしまいます。私が家に帰ったとき、私はしばしば夕食を用意していませんでした。子供と家族はより健康的な家族環境を提供しました。私のために、きれいな服はありません。よく注文された家を作り、若い兄弟の責任を負うことは、すべて私の肩に落ちます。私はそれをすべてやる必要があることを嫌いです。私の夢は、秩序が予測可能で、安全で平和であることです。結婚することは難しいでしょうワークショップでは夫婦に

夫婦の危機を乗り越えられない

夫婦のカヌー愛はお互いの趣味や関心を深め

子どもたちにこれらがあることを願っています。家が混乱していた時、このシーンは若者の混乱を思い出させました。第二の夫と妻。私の妻はとても感情的で、私はあまりにも合理的だと言います。彼女は過活動、おそらく過度に敏感である、のために彼女がコントロールを失うことがあると思う。私は理由は、通常、より感情的ではなく、強い感情に対処する最善の方法だと思います。この紛争では、私は討論者の大きな親であり、私の夢はそうであるかもしれません。何か議論することができます。しかし、このような議論環境では、感情は合法ではなく、誰かが感情的になると議論は終わります。もっと感情的ですが、それは私の性質ではありません。私の夢は強くなることです。感情は不利なものだと私は思います。私たちは皆議論するのが好きです。

婚活が可能かどうめるのです

したがって、私の家では、感情をコントロールすることは誰もが高く評価することができます。たぶん私は私の妻になるはずです。私は非常に感情的な人であり、私の夫は非常に合理的であることが非常に落ち込んでいます。私たちのこの違いは、彼が時々冷たく、偽であると思うようになり、本当に存在していないようです。何度も、私たちのこの違いのために彼の気持ちは分かりません。これは私が最も価値があるものです。私はただの感傷的な人です。それは簡単です。私はこれが人生、感情、人との接触、そして反応についてのすべてであると考えています。

夫婦との間に性的相互作用があれば

もちろん、人は非常に自己中心的で、ナルシシズムのように見えるかもしれませんが、前の章で述べたように、ナルシシストの実際の数は実際にはごくわずかです。私たちは私たちが自分勝手になることではなく、私たち自身のためにすごく忙しくしなければならないと信じています。多くの利己的でナルシシズム的な現象は、人格の弱点や道徳的な衰退のせいではないかもしれません。夫婦は忙しくて忙しい現代生活の中で生き残る可能性がより高くなります。共通。たぶんこのコンセプトに慣れていないかもしれないので、私は簡単な説明をしましょう。真のナルシシストは愛を与えたり受け取ったりすることはできません。彼、多分彼女、は注意を払うことを熱望しており、自分の愛を持たない人々の内心が空であるという印象を補うために賞賛される必要があります。
指輪が有名になるまで家族男性

夫婦はすべて答えて食べなかった

彼は空と孤独を感じるでしょう。彼は決して人々を愛しておらず、愛されていると感じません。彼は彼と一緒に運ぶことのできる写真は持っていません。彼は、精神科医の肯定的な予測のための言葉のようなものを欠いていたり、他人に愛されているという印象を持っていませんでした。私たちとは違って、彼の人生には自分自身を支えることはできません。彼はとても絶望的なので、尊厳、信頼、基本的な安心感はありません。彼は他の誰よりも優れたパフォーマンスを出そうとしました。他人を嫌うと、彼は自分自身のために偽の自己を作成しますが、それは彼が恥ずかしいと感じるので、彼は世界に直面するために彼の壊れやすい、自信のあるマスクをすべて隠すでしょう。報酬として、実際には、それはおとぎ話「天皇の新着」の皇帝のようなものです。彼は内面の痛みを和らげるためによく身に着けています。彼は自分自身を嫌い、人生を憎む。彼はしばしば優れた能力と成果を持っていますが、世界に喜びをもたらしたり、社会開発を促進したりするのではなく、できるだけ世界から多くの賞賛と注意を得ることです。

プロポーズでは常にこの知識を向上させます夫婦は

彼は自分の内なる自尊心を完全に隠す星になりたいと考えています。彼は人生や死を意味していたため、名声を追求するにあたり、とても無慈悲で残酷でした。彼は絶えず賞賛を必要とし、そうでなければ彼の心は死ぬでしょう。ナルシシズムは自分が選んだ人を賞賛するのにうってつけですが、彼は本当にそうではありません。実際には、彼は人々を称賛していないことを嫌っていたので、それらの人々を憎んでいました。彼は世界全体が彼の前に崩壊するか、彼が世界を憎むべきだと感じました。事が間違ってしまうと、彼は世界を攻撃するでしょう。彼は自分の道を設計して頂きました。彼は途中に立っている人を蹴り上げ、センターステージを占有するのが得意です。彼は他人を少し軽蔑すると、非常に激しくなります。彼はその人に不釣合いで猛烈な攻撃を仕掛ける。