花婿の半分近くがあり花嫁は

夫婦は態度に大きく依存して

夫婦の感情の軽蔑や残酷な扱いではありません
ほとんどのカップルでは、​​誰もが主催者とディストラクターの両方を持っています。両者の間の線は曖昧です。実際には、カップルには主催者もディストラクターもないかもしれませんが、両者の混合物だけがあります。そのような夫婦はこの役割を果たさないが、夫婦はまだ気晴らしと喧嘩している。したがって、主催者と注意書きの概念は、お互いを記述するときにはまだ有用であり、道徳的な診断モデルによって引き起こされる闘争を避けることができます。オーガナイザーやディストラクターについては、時間の経過とともに、オーガナイザーやディストラクターに発展するのが一般的であるため、詳細な方法で説明します。これを理解すると、問題を議論するときに容易に議論することができず、私が良い人であり、悪い人であるというモデルを形成しません。注意散漫な人は注意散漫を選びませんし、主催者がもっと焦点を合わせることもしません。

この不一致に対処することを学ぶことは不可能ですが、試してみることができます。腰痛、花粉アレルギーなどの長期的な病気のように。結婚では、紛争は永続的に問題になっているかもしれませんが、いつかお互いを傷つけることなくこの葛藤について話すことができたら、その仲間と一緒に生活することを学びます。デッドロックを回避するには、まずデッドロックの原因を理解する必要があります。これが大きな問題、宗教的信念を子どもに伝えるなど、であろうと、小さな問題、ナプキンを積み重ねる方法など、であろうと、デッドロックは人生の夢があり、配偶者がこれらの夢に注意を払うか、尊重しないでください。私が話す夢は、希望、抱負、抱負です。夫婦は皆アイデンティティの一部です。夫婦は目標を設定し、人生を意味のあるものにします。夢の中には現実的なもの、金額を節約したい場合、があるものもあれば、遠い夢があるものもあります。これらの深い夢は隠されており、もっと世俗的な夢が見えます。深い夢の上に建てられています。たとえば、たくさんのお金を稼ぐという夢の下、深い夢の夢が埋もれています。毎晩夕食を一緒に食べたり、テレビや電話で食べたりしていないなど、若者の家族生活の中で最も暖かい思い出のいくつかを再構築したいと思うかもしれません。

結婚はいくつかのリスクを冒しています

壊れた遅く一緒に食べることから家族を除外することができます。ここにはいくつかの普通の深い夢のカタログ、自由の感覚があります2.静かな経験。結婚に有害な夢は生まれませんが、隠されていても知られていない場合、あるいは配偶者が尊敬しない場合、これらの夢は問題につながります。これが起こると、これらの問題に火をつけたり、地下や象徴的な形にしたりします。後者の場合、カップルは毎週日曜日の夕食のために外出するかどうかについて議論するかもしれないが、実際の問題はレストランで食べるよりはるかに深い。日曜日の夜、カップルの心の中には特別な意味があります。この夜の重要性は子供の頃からのものです。妻の夢は、毎週日曜日の夜に家族が出かけて出かけるため、夕食に出かけることです。この食べ方は彼女の気持ちをとても近づけました。しかし、夫のために、レストランでの食事の楽しさは、家族全員のための彼の母親の料理のそれより常に劣っています。

プロポーズを希望されてこられた方の中には


多くの人々が無意識のうちに結婚で失い結婚関係の健全な発展は彼の母親は非常に忙しいです。なぜ、他のカップルが困っている間に、夢が尊重されているときに、この種の問題に対処するカップルはいますか?違いは、幸せなカップルは、結婚の目的の1つがお互いの夢を理解する助けとなることを理解していることです。私たちは、他の人が人生で何を望んでいるのかを知り、彼女と夫の夫・妻は、これが実際にすべての高感情的なカップルの一般的意見であると言います。幸せな結婚では、配偶者はお互いの結婚を理解し合い合います。これらの目標は、特定の家に住みたい、あるいは学位を得ることに特有のものかもしれませんが、セキュリティの感覚や人生を大きな冒険として見たいなど、目標を理解することが難しい場合もあります。マルコムの給料が非常に高い、あるいは相手が自分の夢を放棄しようとせず、大学の経費を支払うことができますが、マルコムはこの圧力をやめたいと考えています。

結婚している限り指輪という娘がいます

ほとんどのカップルでは、​​誰もが主催者とディストラクターの両方を持っています。両者の間の線は曖昧です。実際には、カップルには主催者もディストラクターもないかもしれませんが、両者の混合物だけがあります。そのような夫婦はこの役割を果たさないが、夫婦はまだ気晴らしと喧嘩している。したがって、主催者と注意書きの概念は、お互いを記述するときにはまだ有用であり、道徳的な診断モデルによって引き起こされる闘争を避けることができます。オーガナイザーやディストラクターについては、時間の経過とともに、オーガナイザーやディストラクターに発展するのが一般的であるため、詳細な方法で説明します。これを理解すると、問題を議論するときに容易に議論することができず、私が良い人であり、悪い人であるというモデルを形成しません。注意散漫な人は注意散漫を選びませんし、主催者がもっと焦点を合わせることもしません。

婚活の可能性が大きく広がるはずです


婚活の5カ月前婚活当日に泣いたのだということを知る
遺伝子、生涯の初期の経験、先天的な気質や趣味、そしてその他の無意識や自己想起力など、これらの役割の選択は自発的ではなく、人々が果たす役割を決定します。自分が混乱したり恥ずかしいと思うのは、主催者の役割が本当に好きなので、私は非常にパワフルな気分になります。私が知っているので、人と婚活するのは難しいと思います。それは私の他の半分が狂って行くと、私は痛みで彼を見ることが好きです。主催者は話をしませんし、私の他の半分の前で勝ち抜いたり、嫉妬したりすることができます。私の残りの半分はとても面白いです。それなしで私はどのようこのようにして、キャラクター・パフォーマンスを一種の積極的な行動と見なすのはばかげていますが、多くの人々はまだ考えています。

結婚のパラドックスは間違っているだけでなく

自分を否定して敗北させるために、他の半分は愚かであるようなふりをしています。またはそれをやめて考える。他の人の半分を気晴らしさせることを好む人は誰もいません。一緒に暮らすほとんどの人がうまくやりたい夫婦は調和と幸福を切望しています。夫婦は、他の人のギアを片付けるのではなく、他の人のギアと緊密に噛み合っていたい。注意すべきもう一つのポイントは、ほとんどの人が心理的知識を持っているということです。時には、人々は自分の行動を説明するために一般的な心理的知識を使用することがあります。抵抗するにはあまりにも受動的です。自己愛の自己愛です。あなたと一緒に暮らす方法はありません。強迫神経症です。